口コミで評判の人気脱毛サロン

毛周期と脱毛効果の関係

脱毛をする場合には、どこのパーツをケアするのでも毛周期と呼ばれるヘアサイクルを意識しなければなりませんし、毛周期を考えての脱毛をしなければ、綺麗にムダ毛処理をすることができません。

 

ここでは、毛周期とはいったい何なのか、脱毛の効果がどのように違うのか見てみます。

 

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルで「休止期」「退行期」「成長期」を繰り返し、1つの毛穴で抜けて生えてを繰り返しています。

 

実は、今見えている毛(生えている毛)が全身にある毛の全てと言うわけではありませんので、目に見えない休止期に入っている毛の方が多く、見えている毛は全体のわずか3分の1ほどなのです。

 

皮膚の下には見えない毛の種があって、次に生えてくる毛がスタンバイしているのです。この為、脱毛効果を発揮するためには、全ての毛根に生えているムダ毛にアプローチしなければなりません。

 

つまり、毛周期の中で毛が生えてくる「成長期」を待って、施術をしなければ脱毛効果があらわれないと言えるのです。脱毛は、毛周期を意識してケアする必要があり、特に、黒いメラニン色素に反応してムダ毛の処理をするフラッシュ脱毛では、成長期の毛しか処理することができません。

 

現在の技術では、毛乳頭がない休止期のムダ毛の脱毛は不可能です。成長期の毛が生えているときしか脱毛の効果を与えられませんので、

 

毛周期を意識することがとても大切

 

になります。一度抜けたムダ毛が生え変わる毛周期のサイクルは、身体のパーツによってそれぞれ違っており、多くの人が気にする脇のムダ毛は約4カ月、脚や手は3カ月、ビキニラインは約4カ月です。

 

この毛周期の長さに沿って、脱毛をしていくことで、今は見えていない休止期の毛が次の脱毛では成長期に入りいます。

 

ある程度の期間を開けて成長期の毛を少しづつ脱毛

 

しなければ、完全にムダ毛の脱毛ができないと言えるわけです。私たちの身体のムダ毛は、どこのパーツにもそれぞれの毛周期があり、毛周期を考えて脱毛をすることで、より効果的に綺麗に脱毛ができます。

 

むやみやたらに早く脱毛処理ができないのはこの為なので、ヘアサイクルを考えて、ムダ毛の処理をしていきましょう。脱毛サロンでは行えないレーザー脱毛が注目されていますがフラッシュ脱毛に比べ照射範囲が狭い為、同じ範囲の脱毛に要する時間は長いと云えます。